発達障害でチック症を患うと生活しにくい

発達障害でチック症(トゥレット障害)を患う

発達障害チック症を患っている人は少なくないのですが、このチック症、自分では辞めたいと思いながらも症状が抑えらえない変な障害。

 

特に発達障害の人は常にストレスを溜めてしまいセロトニン不足。そしてこのチックと呼ばれる症状はストレスを感じたりセロトニンが不足すると酷くなるのだそう。

発達障害はチック症が多い

幼少期から思春期あたりまでは誰もがなりやすく、1年程度で消えてしまうのですが、アスペルガーなどの障害があれば別。

 

私は幼稚園の頃から症状があり、40代を過ぎた大人になっても酷くなったり軽くなったりを繰り返しているので、チックよりも酷いトゥレット障害と診断されています。

チック症が気になり外出できない発達障害

この症状は癖のような物なのですが音声チックと呼ばれる音と出す症状があると、人々の目が気になり外出が出来なくなる事もあります。

 

電車に乗っていても

 

「あっ!」

 

「きゃ!」

 

とかの奇声を出してしまったり、行動チックが出ると首を振ったり口をすぼめたり・・・

 

出方は人それぞれですが、特にストレスを感じている時は様々な症状が複合されて出てしまうので、電車の中でこれらが出ると変な目で見られてしまうのです。

 

そしてこれが嫌だから外出が出来ず、引きこもってしまう場合もあるのです。

チック症の特効薬はない

奇声を発したり汚言を言ったりする症状はチックもしくはトゥレット障害なのですが、その背景にはアスペルガーやADHDなどが隠れている場合があります。

 

私の場合はASDがあり、それが原因で様々な症状が出ているのですが、もしこのような癖の酷い症状があるなら一度診察してもらうと良いのではないでしょうか。

 

私はアスペだと知ったのは、このトゥレットの症状があまりにも酷くなった時だったのですが、それがキッカケとなりWAIS-Vで検査。

 

結果広汎性発達障害だと診断され、やっと何故これだけ変な癖のような物が治らないかが分かったのです。

 

しかし残念な事に、発達障害と同じで特効薬と呼ばれる物はまだなく、処方してもらえる薬はSSRIなどの精神安定剤のような物が多いはず。

 

ストレスを少しでも感じないようにする努力が必要なのですが、本人的にはこれが一番難しいのです。

チックの症状をうるさいと言わないで!

私の周りにいる自閉症スペクトラムの人は皆何らかのチックを持っています。

 

しかし定型発達の家族からすると、この症状は目障りに見えるのだそう。確かに音声ならうるさいし、行動でも違和感を感じてしまう・・・

 

子供の頃、母に良く言われたのですが、症状が酷くなると

 

うるさい!!

 

よく怒鳴られました。

 

しかし怒鳴られた所で今度は「辞めなければ」という新たなストレスが出来てしまうので、余計に酷くなってしまうのです。

 

なのでもし子供や家族にチックがあるなら

 

  • 静かにして
  • うるさい
  • 黙って

 

という言葉は禁句。それよりも、何も言わずにそのままにしておけばかなりマシになってくるので、

 

今、ストレスを感じているんだな〜

 

程度に受け止めてあげられれば、それ程酷い状態は緩和されていくはずです。

 

聞いていて辛いとかうるさいなどの感情はあるかと思いますが、発達障害の本人でもどうする事も出来ないのですから見守る事が唯一出来る事なのではないでしょうか。

色々な人の悩みの解決方法を採り入れよう!

発達障害ランキングで悩みも解決!
私も色々と勉強しています。

スポンサードリンク



当サイトおすすめ

アスペルガーはセロトニンを増やそう




関連ページ

発達障害と呼ばれる広汎性発達障害のアスペルガー症候群
発達障害と呼ばれる障害の一つ、広汎性発達障害の中にアスペルガー症候群は属します。今はアスペルガーとは言わず自閉症スペクトラムと呼ばれるようになってきたのですが、これはアスペルガーと自閉症の二つの障害を合わせて言う言葉。ここではアスペルガーに絞って考えてみます。
発達障害と呼ばれるADHDやADD
発達障害と呼ばれる障害の一つADHDやADD。ADHDと呼ばれる多動性注意欠陥障害とADDと呼ばれる注意欠陥障害は整理整頓が出来なかったり落ち着きがなかったりするのですが、社会に出ると色々と悩む問題が生じてしまいます。ここではADHDやADを考えてみたいと思います。
発達障害と呼ばれるLD障害(学習障害)
発達障害と呼ばれる障害の一つLD障害。学習障害とも言われるこの障害は漢字が理解出来なかったり本が読めなかったりと、小学生の頃からかなり辛い状況をしいられてしまいます。勉強についていけずに深く傷つき悩んでしまっている人が多い障害の一つなのです。
発達障害と呼ばれるトゥレット症候群(チック症)
発達障害と呼ばれる障害の一つトゥレット症候群(チック症)。奇声を発したり鼻を鳴らしたり、肩を動かしたり地面を蹴ったりと色々な症状があります。行動チックと音声チックが同時に出るとトゥレット症候群と呼ばれチック症より重症。そして私はこのトゥレット症候群をアスエルガーと共に持っているのです。
発達障害と呼ばれる広汎性発達障害の自閉症
発達障害と呼ばれる障害の一つ、広汎性発達障害の中に自閉症は属します。今は自閉症とは言わず自閉症スペクトラムと呼ばれるようになってきたのですが、これはアスペルガーと自閉症の二つの障害を合わせて言う言葉。ここでは自閉症に絞って考えてみます。
チック症(トゥレット障害)は発達障害の大人でも治り難い
発達障害の人でチック症やトゥレット障害を持っている人がいます。これは子供の頃なら発達障害でなくても症状として出る事が多く大人になるにつれて治っていくのですが、障害があると大人になっても治らず抑えようと思っても抑えられない障害の一つ。障害を持つ人とチックには何らかの関連があると言われています。
発達障害の話し方の違い(自閉症スペクトラムとADHD)
発達障害と呼ばれる自閉症スペクトラムとADHDは似通った部分を持っているのですが、少しずつ違いがあります。アスペルガーと多動性を二つ持っている人も多く見分けが付き難いかもしれませんが、医師でも判断しにくいこれら二つの会話の流れや人と話す際の違いを考えてみたいと思います。
発達障害の社交性の違い(自閉症スペクトラムとADHD)
発達障害の中には自閉症スペクトラムと呼ばれるアスペルガー症候群や自閉症、多動性注意欠陥障害と呼ばれるADHDなどがあるのですが、細かく分けると違いがあります。大きく分けると同じ発達障害ですが、社交性や社会性には大きな違いがあるのです。そんな違いを考えてみたいと思います。
発達障害の想像力の違い(自閉症スペクトラムとADHD)
発達障害と言っても自閉症スペクトラムと多動性注意欠陥障害ではその想像力が異なってきます。これらを二つ持っている人もいるのですが、一般的に言われている違いを考えてみたいと思います。柔軟性のないアスペルガーと飽きっぽい多動性注意欠陥障害。それぞれに苦手な分野が異なっているのです。
発達障害は生まれた時からなので治らない障害です
発達障害は生まれた時からの脳の機能性障害。そのため大人になっても治らないのですが、色々な部分を習得しながら改善していく事が出来るので、治すのではなく自分と上手く付き合う方法を知る事が大切。社会生活や対人問題なども改善出来ない訳ではないのです。