発達障害は女性ホルモンが少ない?

発達障害の女性と女性ホルモン

発達障害の女性は女性ホルモンが少ないのでは?と言われています。

 

一昔前、発達障害は殆どが男性で女性はその内の1割程度だと言われていたそうですが、今では女性のアスペルガーも増えてきたので割合は変わっているかもしれません。

 

しかしアスペルガー症候群の私は自分を見ても男性的だと思う事が少なくありません。

発達障害と女性ホルモン

 

発達障害と女性ホルモン結果の出ないうだうだした話しが苦手

 

女子会が苦手なアスペルガーにとって、答えを出すためでない話題は何を話して良いかが分かりません

 

発達障害の女性は男性的ハッキリしない態度が苦手

 

白か黒、するかしないか・・・そういったハッキリとした答えを出すのが得意なアスペルガーにとって、ハッキリとした決断が出来ない相手は苦手です。

 

 

と言うように、女性でもどちらかと言えば女性らしさよりも男性的思考回路の方が勝っているように思います。

女性ホルモンのオキシトシンが少ない

自閉症スペクトラムはオキシトシンと呼ばれる女性ホルモンで改善できる・・・

 

という発表を、以前金沢大学が発表した事があるのですが、つまりこのオキシトシンが少ないという事なのでしょう。

 

このオキシトシンと呼ばれるホルモンは社交性や協調性を作るためには必要な要素。

 

これが足りないのがアスペや自閉症なのですが、これを増やす事で一番問題視されている人間関係が円滑に進むようになるのかもしれません。

 

 

男性的な女性アスペルガー

 

しかし男性とは違いやはり女性のASDは、男性よりも社交性やコミュニケーション能力が長けています。

 

そのため長年女性のASDは少ないと言われていたのですが、定型発達の女性と比べると雲泥の差があるほどコミュニケーション能力に欠けている事が分かるのではないでしょうか。

 

良く言われる男性脳と女性脳に分けて考えると良いかもしれません。

 

普通の大人女性なら女性脳だけで出来ているのですが、障害を抱えている人は

 

女性の中の女性脳が少なく男性脳的な物事の考え方をする

 

と言えるのではないでしょうか。

女性ホルモンが普通よりも少ない発達障害

女性ホルモンが定型発達よりも少ない障害を持つ人は、実はセロトニンも減少しやすい傾向にあるのだとか。

 

私はかなりの生理痛があるのですが、これは黄体ホルモンのバランスが良くないからなのだそう。そしてこの黄体ホルモンが減少するとセロトニンを作り出す事が出来にくくなるため、普通の人でも月経前症候群と呼ばれる症状が出てしまうのです。

 

黄体ホルモンは成人女性が妊娠するために必要なホルモンなのですが、減少してしまうと生理周期のバランスが崩れたり不正出血が起きたりしてしまいます。

 

障害がある人がセロトニン不足だと言われるのには、実は他のホルモンのバランスも普通の人より悪いからなのかもしれませんね。

 

 

女性ホルモンやセロトニンをいかに増やすかが大切

 

今の医学では残念な事に広汎性発達障害(PDD)やADHDなどを治す薬が開発されていません。

 

これが開発されれば劇的に変化する部分も出てくるのかもしれませんが、今の段階では二次的障害と呼ばれるうつ病やパニック障害を楽にすること。

 

上手にセロトニンを増やす事で精神的なストレスを減らし、オキシトシンを増やす事で社交性やコミュニケーションが円滑になり、黄体ホルモンと呼ばれるエストロゲンが増えれば生理時の体調不良も改善できる・・・

 

様々足りない部分を上手く補っていく事により、障害があっても定型発達の人と変わらない生活が出来るようになっていくのではないでしょうか。

 

発達障害の女性は女性ホルモンが減少している傾向にあるようですが、自ら積極的に増やす事。そんな事も生き辛さを感じなくなる方法なのでしょう。

色々な人の悩みの解決方法を採り入れよう!

発達障害ランキングで悩みも解決!
私も色々と勉強しています。

スポンサードリンク



当サイトおすすめ

アスペルガーはセロトニンを増やそう




関連ページ

発達障害の二次的障害と言われる欝病という精神疾患
発達障害の二次的障害で欝病を患っている人は少なくありません。アスペルガーの私もうつ病と診断された経験があるのですが、いつまでもイライラしたりうつうつと悩んだりするなら欝病の可能性があるのかもしれません。そんな時には病院に行くのがオススメなのですが、その一歩が踏み出しにくいと考えてしまう場合があるのです。
発達障害の二次的障害と言われるパニック障害
発達障害の二次的障害でパニック障害を患っている人は少なくありませんが、パニック障害は誰もがなる可能性のある精神疾患で、私も10年ほど前に患っていました。現在でも軽いパニックは起こるのですが、発達障害はストレスの多い障害。上手く付き合っていく必要があると言えるのでしょう。
発達障害の二次的障害と言われる強迫性障害
発達障害の二次的障害で強迫性障害を患っている人は少なくありません。発達障害の人は自分のこだわが強いといた特徴があるのですが、こんな部分が強迫性障害になりやすい部分なのでしょう。ストレスを上手く発散出来ない障害を持っている人にとって精神疾患は発症しやすい病の一つ。ここでは強迫性障害を考えてみたいと思います。
発達障害の二次的障害と言われる統合失調症
発達障害の二次的障害で統合失調症を患っている人は少なくありませんが、統合失調症は誰もがなる可能性のある精神疾患です。発達障害と精神疾患を見分ける事は難しく、発達障害を見落とされてしまう場合が少なくないのですが統合失調症を患っているなら発達障害の可能性も考えてみて下さい。ここでは病気の症状を考えてみたいと思います
発達障害でパニック障害になると家から出られなくなる
発達障害の人が二次障害と呼ばれるパニック障害になると家から出られなくなる事があります。私は過去5年程、殆ど家から出る事が出来なくなった経験があるのですが、何故出られなくなったか?どのような理由があったのか?を思い出して書いてみたいと思います。発達障害でパニック障害の方の参考になれば幸いです。
発達障害で社会不安障害(対人恐怖症)がある
発達障害の人は二次障害と呼ばれる合併症を起こしている場合が少なくないのですが、この二次障害がきっかけで発達障害に気付く人もいるほど。発達障害でなくても発症する可能性はあるのですが、ここではその中でも社会不安障害と呼ばれる対人恐怖症について考えてみたいと思います。
発達障害はアルコール依存や薬物依存になりやすい
発達障害の人は普通の人よりもストレスが多く、また人と同じように出来ない事も多いからか自己否定をしてしまう人が少なくありません。その不安を解消しようとアルコール依存や薬物依存になってしまう人も多いのです。様々な依存がありますが、どのような依存があるか考えてみたいと思います。
発達障害がパニックに陥った時に頭で考える事
発達障害で二次的障害のパニック障害になる人が、症状が出た時や出る前に頭で考える事があります。それは恐怖心と言われる予期不安だったりするのですが、その気持ちがますますパニックに陥ってしまう原因になっているのです。