発達障害の女性は苦手な仕事は遅い

発達障害の女性が仕事が遅い理由

発達障害女性仕事が遅いと言われる事が少なくありませんが、これは苦手な分野の仕事をしているのが原因になっているのではないでしょうか。

 

私は一時期帳簿をついていた事があるのですが、驚く程理解出来ず頭で考えても意味が分からない・・・

発達障害の女性は苦手な仕事が遅い

定型発達の人が難なく出来るような事でも頭が働かず結局辞めてしまったのですが、それ以外の仕事だと今度は驚く程頭を使う事が出来ました。

 

どうしても発達障害の女性には向き不向きや好き嫌いがあるので、出来る出来ないの幅が両極端になってしまいやすいのですが、苦手な方に進んでしまうと出来ない人になってしまうのです。

得意分野を仕事に活かす発達障害

以前ADHDとアスペルガーを併せ持っている方がテレビの番組に出ていたのですが、この方は最初就職したけれど結局続かず退職。

 

そして自分が好きだったIT分野で起業し現在に至っているとの事。

 

アスペルガーとADHDの二つを持っている人は多いのですが、このように自分の得意な分野であれば独立し企業する事も決して夢ではありません。

 

昔は出来ないヤツと言われていたのに、今では社長業を営んでいるのですから、向き不向きを間違えなければここまで落差があるのが障害のある人の特徴なのでしょう。

 

 

アスペルガーやADHDは苦手を克服しようとしない事

 

元来であれば出来ない事を努力で一つずつ解決するという事も方法としては取り入れられているのですが、自閉症スペクトラムや多動性注意欠陥障害がある人は克服する事は殆ど不可能です。

 

子供の頃であれば可能性はあるのですが、大人になってしまってから改善しようとしてもかなり難しいのだそう。

 

そのため、少し従事してみて

 

これ、向いてないかも、嫌いかも!

 

と思ったなら違う職種に転職するのが良いのですが、そこを頑張ってしまうから余計に自分は出来ない人間だと自己否定してしまう事になってしまう人もいるのではないでしょうか。

発達障害のあなただから出来る仕事

同じ障害を抱えていても好きな事は人それぞれです。

 

私は人と話す事は苦手なのですが、仕事では人と話す事が中心となるような職種に就いています。

 

他にも人とは一切接点を持たないネット関係も行っているのですが、これも自分では向いていると思っています。

 

というように、現代は様々な職種がありその中には必ずあなたに向いた物が見つかるはず

 

大切な事は

 

  • 自分は何も出来ないと諦める
  • 自分はダメな人間だと思いこむ
  • 何をやっても上手くいかない

 

そんな考え方をしてしまわない事。

 

自分で道を閉ざしてしまっては、どれだけ能力があっても使う事が出来なくなってしまうのですから、まずは自分に何が出来るか?を探してみる事が大切です。

 

基本的に広汎性発達障害や多動性の女性は、女性の少ない職場の方が向いているように思うので、職種的にも男性が多い物を選ぶと社内での過ごし方が楽になるかもしれませんよ!

 

発達障害の女性は苦手な仕事は全く頭も手も付いてこないので非常に遅いかもしれませんが、得意な事なら素早く出来るはず。

 

そんな仕事を探してみて下さいね!!

色々な人の悩みの解決方法を採り入れよう!

発達障害ランキングで悩みも解決!
私も色々と勉強しています。

スポンサードリンク



当サイトおすすめ

アスペルガーはセロトニンを増やそう




関連ページ

仕事が続かない発達障害に向いている適職とは
発達障害は仕事が続かない場合が多いのですが、それでも向いた職種に就くと驚くような力を発揮する事があります。苦手な分野と得意な分野をしっかりと理解し、得意な分野の知識を増やしたり努力をしていくと発達障害でも定型発達には劣らない仕事が出来るようになるのです。
発達障害に仕事を教えるなら簡素で簡潔に伝えよう
発達障害のアルバイトや社員に仕事を教える事は定型発達の人からすると難しいのではないでしょうか。言っても理解してくれないアスペルガーや自分勝手な行動をしてしまうADHDなど、どのように言えば理解するか?を私の経験を元に書いてみたいと思います。
発達障害で仕事を辞め転職したいと思っているなら
発達障害で自分には向かない職場に就職し仕事を辞めたいと思っているなら、選んだ方が良い職種や新しい職場の選び方などを考える必要があります。障がい者枠での仕事を選ぶのも方法ですが、自分のスキルを活かせる仕事を見つけるのも選択肢の一つです。
発達障害のコミュニケーション不足は仕事での悩みとなる
発達障害はコミュニケーション能力が低い場合が少なくなく、仕事での悩みの一つとして取り上げられる事があります。業務上の会話や仕事が終わった後の飲み会など人と会話をする事に支障をきたすのですが、当事者は何が原因か分かっていない事が少なくないのです。
発達障害は出来る仕事と出来ない仕事が両極端
発達障害の人は出来る仕事と出来ない仕事が両極端に分かれてしまう事があります。得意分野の仕事の場合は定型発達の人以上に出来るのですが、苦手な分野になると途端に出来ない。そのため、向き不向きを考えなければ発達障害にとって仕事が辛い物になるのです。
大人の発達障害の女性に向いた仕事と向かない仕事
発達障害の大人で女性の人に向いた仕事と向かない仕事を考えてみたいと思います。アスペルガーと診断された私は過去から仕事が続かず転職を繰り返してきたのですが、そんな中で発達障害の人は仕事の何が向いていないのか?を書いてみたいと思います。
発達障害のグレーゾーンでも転職を繰り返してしまう
発達障害と診断されなくてもグレーゾーンの人でも転職を繰り返してしまう場合があります。アスペルガーを診断されたから仕事が出来ないという訳ではなく、グレーな人も仕事が続きにくい。そんな人も自分の向き不向きを知る事で継続できる職種もあるのです。
発達障害でも周囲の理解があれば転職せず仕事が続く
発達障害だからと言っても転職せずに仕事が続いている人は沢山います。特に職場に自閉症スペクトラムやADHDに対する理解をする人がいる場合は楽しみながら就職やアルバイトを続ける事が出来るのです。発達障害にとってどのような人間関係が築けるかが重要なのです。