発達障害が転職せず楽しく仕事を続ける場合

発達障害を理解してくれる人がいると仕事が続きやすい

発達障害仕事の問題は切っても切れない悩みの一つですが、そんな中でも障害を理解してくれる人が職場に一人でもいると就職でもアルバイトでも続きやすい傾向があります。

 

これは定型発達の人でも同じですが、自分を理解してくれる人がいると仕事がやりやすいと感じるのではないでしょうか。

 

発達障害の場合は理解されにくい事が多いのですが、それでも分かってくれる人がいるだけで転職を繰り返さず一つの職種に従事する事が出来る可能性があるのです。

発達障害でも周囲の理解があれば仕事が続く

だからと言って誰彼構わず自分に障害があるとは言いにくいかもしれませんが、昔とは違い今なら話してみると案外分かってくれる人がいるのかもしれません。

 

 

自閉症スペクトラムが仕事をするなら障害を話せる人が必要

 

アスペルガー症候群やADHDなど、様々な障害がありそれぞれに特徴がありますが、どちらかと言えば自分に障害がある事を隠してしまう事が多いのではないでしょうか。

 

  • どうせ話しても理解してもらえない
  • 結局嫌われてしまうんだから

 

そんな辛い思いをした経験を持つアスペルガーやADHDの人にとって、人に自分の事を話すのはなかなか難しい事。

 

しかしいざ本当の事を伝えてみると受け入れてくる人もいるのですが、積極的に言おうとはしないから余計に理解されないでいるのかもしれません。

 

発達障害のコミュニケーション不足は仕事での悩みとなるでも書きましたが、上手くコミュニケーションが出来ないというのも大きな問題になっているのでしょう。

 

例えば少し会話をする人やちょっと打ち解けた人がいるなら、思い切って自分の障害を話してみると予想以上に受け入れてもらえる事があります。

 

そのキッカケは相手が作ってくれるのではなく当事者の方が積極的に作らなければならないのですが、これが出来れば辛い職場が劇的に変化する可能性を秘めていると言えます。

 

 

ADHDでもアスペルガーでも出来る仕事は沢山ある

 

多動性注意欠陥障害でもASDでも普通の人と同じように出来る事は沢山あります。

 

問題は当たり前に誰もが出来る事が出来ないという事なのですが、退職や転職を考える場合はきっと自分が苦手な職種を任されたり頼まれたりする場合が多いのではないでしょうか。

 

しかしもし、あなたの苦手な事を職場の人達が知ってくれれば、あなたが難しい事ではなく得意とする事を任せてくれるようになるのです。

 

職場の人間関係に支障が出るのも、上司や同僚と上手くいかないのも、それは誰もあなたが障害を抱えている事を知らないから。

 

そう考えると、簡単に言える事ではないかもしれませんが思い切って話してみる事で状況を改善出来るのではないでしょうか。

 

あくまでもあなたが少し心を開いた人や楽しく会話が出来る人限定になるかもしれませんが、もしそんな人がいるなら勇気を出して話してみてください。

 

発達障害と診断された私は会社の人に話しをすると、自分の予想以上に普通に受け入れられた事に驚いた経験があります。また、どのような問題があるかを理解しようとしてくれるようになったので、辞めようと思っていたのに続ける事が出来ました。

 

どの程度周囲が理解してくれるかは分かりませんが、転職を考えていたり仕事が続かず悩んでいるなら挑戦してみて下さいね!

色々な人の悩みの解決方法を採り入れよう!

発達障害ランキングで悩みも解決!
私も色々と勉強しています。

スポンサードリンク



当サイトおすすめ

アスペルガーはセロトニンを増やそう




関連ページ

仕事が続かない発達障害に向いている適職とは
発達障害は仕事が続かない場合が多いのですが、それでも向いた職種に就くと驚くような力を発揮する事があります。苦手な分野と得意な分野をしっかりと理解し、得意な分野の知識を増やしたり努力をしていくと発達障害でも定型発達には劣らない仕事が出来るようになるのです。
発達障害に仕事を教えるなら簡素で簡潔に伝えよう
発達障害のアルバイトや社員に仕事を教える事は定型発達の人からすると難しいのではないでしょうか。言っても理解してくれないアスペルガーや自分勝手な行動をしてしまうADHDなど、どのように言えば理解するか?を私の経験を元に書いてみたいと思います。
発達障害で仕事を辞め転職したいと思っているなら
発達障害で自分には向かない職場に就職し仕事を辞めたいと思っているなら、選んだ方が良い職種や新しい職場の選び方などを考える必要があります。障がい者枠での仕事を選ぶのも方法ですが、自分のスキルを活かせる仕事を見つけるのも選択肢の一つです。
発達障害のコミュニケーション不足は仕事での悩みとなる
発達障害はコミュニケーション能力が低い場合が少なくなく、仕事での悩みの一つとして取り上げられる事があります。業務上の会話や仕事が終わった後の飲み会など人と会話をする事に支障をきたすのですが、当事者は何が原因か分かっていない事が少なくないのです。
発達障害は出来る仕事と出来ない仕事が両極端
発達障害の人は出来る仕事と出来ない仕事が両極端に分かれてしまう事があります。得意分野の仕事の場合は定型発達の人以上に出来るのですが、苦手な分野になると途端に出来ない。そのため、向き不向きを考えなければ発達障害にとって仕事が辛い物になるのです。
大人の発達障害の女性に向いた仕事と向かない仕事
発達障害の大人で女性の人に向いた仕事と向かない仕事を考えてみたいと思います。アスペルガーと診断された私は過去から仕事が続かず転職を繰り返してきたのですが、そんな中で発達障害の人は仕事の何が向いていないのか?を書いてみたいと思います。
発達障害のグレーゾーンでも転職を繰り返してしまう
発達障害と診断されなくてもグレーゾーンの人でも転職を繰り返してしまう場合があります。アスペルガーを診断されたから仕事が出来ないという訳ではなく、グレーな人も仕事が続きにくい。そんな人も自分の向き不向きを知る事で継続できる職種もあるのです。
発達障害の女性は苦手な仕事は遅いが得意な仕事は早い
発達障害の女性は苦手な仕事だと時間がかかってしまう事が多いのですが、得意な仕事だと驚くほど早く出来る事があります。これは向き不向きや好き嫌いが関係しているのですが、どうしても苦手分野は頭で考えながら手を動かす事が出来ないため遅くなってしまうのです。