発達障害(アスペルガー)の成人女性の特徴や考え方

発達障害の成人女性の特徴

広汎性発達障害と呼ばれる発達障害には、

 

  • 自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群、自閉症)
  • 注意欠陥・多動性と呼ばれるADHDやADD
  • 学習障害と呼ばれるLD障害

 

などがあります。

 

発達障害の成人女性 

これは生まれた時からの脳の機能性障害と言われており、現代医学では現段階では治らない障害です。

 

幼少期から定型発達の人とは異なった様々な問題点を持つ事が多いのですが、中には大人になるまで知らなかったと言う人も少なくありません。

 

そして大人になっても周囲とどこかが異なる点は変わる事なく、生き辛さを感じながら生活をしている人が多いのです。

大人になってから発達障害かもしれないと思ったら

最近はテレビでも取り上げられたり、インターネットなどから情報を得る機会が増えましたよね。

 

普段から生き辛さを感じていてふと

 

  • 私の悩みと同じ
  • 私の辛さと同じ
  • 私の分からない事と同じ

 

と思うような事があれば、障害ではなく個性や考え方の範ちゅうに入る人も多いので、大人の発達障害を診断してくれる病院で検査を受ける事がおすすめです。

発達障害は男性に多い障害ですが女性にも沢山います

アスペルガーやADHDなど、障害と言われる男女の比率は4:1と言われています。

 

私は女性アスペルガー症候群なのですが、最近では女性も増えてきているそう。

 

これは社会で活躍する人が増えてきたからなのかもしれませんが、今後は比率が3:1などと変わるのかもしれません。

 

結婚して家事や育児が出来ず悩んでいたら実は障害だった・・・と言う方も多く、どのような状況で障害が分かるかは人それぞれ。

 

顕著に現れない場合は大人になってから気付く事も少なくないので、私はおかしいんじゃないか?と悩んでしまうのです。

 

このブログは発達障害を抱える成人女性の特徴や考え方を知ってもらおうと書いています。

 

アスペルガーの記事が多くなると思いますが、このような障害を持つ人の考え方や特徴を理解して下さいね。